専業主婦でも消費者金融でお金を借りれる?

専業主婦 消費者金融

結婚してもずっと仕事を続けていたのですが、出産をした後に仕事を辞めて専業主婦になりました。

 

 

自分で仕事をしていた時は、家計とは別に収入があったので、わりと自由にお金を使うことができました。でも専業主婦になった以上、夫の収入に依存するしかありません。家事や育児で時間がないので、今すぐに働くことなんてとてもできそうもありません。

 

 

今までだったら自分のお金を使いながらやり繰りをしていたのですが、それもできなくなって、けっこう家計がピンチになることも多くなりました。普通に生活をしているだけならそれほど問題ないんですが、結婚式や出産のお祝いなんかが重なってくると大変です。

 

 

自分の付き合いでのお金で夫に相談するのも気がひけるので、消費者金融でお金を借りることにしたんです。

 

 

専業主婦 消費者金融

でも今は総量規制が導入されていて、専業主婦にお金を貸さない消費者金融がほとんどです。専業主婦だって仕事をしている人と同じくらい大変なんですけどね。

 

 

専業主婦は所得がないわけですから、お金を借りる場合には夫の同意書や収入を証明する書類などが必要になってきます。お金のことで喧嘩になるのもイヤですし、いくら夫婦といっても内緒にしておきたいことってありますからね。

 

 

だから専業主婦がお金を借りようと思ったら、消費者金融ではなくて銀行カードローンを利用するのがオススメです。総量規制は銀行カードローンには適用されませんから、専業主婦でも夫の同意書や収入を証明する書類などが必要ないんですね。

 

 

これだったらお金のことで夫ともめることもないですから、専業主婦は消費者金融ではなくて、銀行カードローンを申込みするのがおススメですね。

 

 

一時的に不足するようなお金だったら、このカードローンを利用するとやり繰りが助かります。ただ使い過ぎたら大変なことになりますから、ゆとりがある時には返済を多くするなどしておくのがいいですよ。

 

 

私がピンチになった時に調べた銀行カードローンはこちらです。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

とにかく今日中に、何らかの方法でお金を“用意”しなくてはならない…。
親族や友人、カード会社から借り入れするのでもいい。方法は何でもいい。とにかく今日中にまとまったお金が必要なんです…泣。
こんな、ちょ?キワキワの状況を経験した事のある人もいるかと思います。
えっ?ないって???

 

でも、もしこんな状況に陥ったら、あなたならどうします?

 

そんな切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。
でも、実際のところどうなんでしょう?
まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

 

 

新生銀行カードローン レイク
「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料(!)。これは素敵!

 

 

プロミス
三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

アコム
大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

モビット
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

アイフル
独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

 

専業主婦と仕事はどっちが楽なのか?

専業主婦 消費者金融

お金を借りようとすると苦労する専業主婦ですが、仕事をするのと専業主婦をするのとどちらが大変なんでしょうね。

 

 

家事をするのも子育てをするのも肉体労働ですから、思った以上に大変ですよね。でも時間を効率よく使うことができるのなら、家事はすんなりできるかもしれません。問題なのは子育てですよね。

 

 

結局自分のことだけすればいいわけではないので、どうしてもいろいろな出来事に振り回されることになります。子供の送り迎えがあったり、体調が悪くて看病があったり、病院へ連れて行ったりと時間を取られれば、家事をする時間が削られたりして思うように進まないことが多いですね。

 

 

仕事をしているプレッシャーはもちろんありますけど、家庭のことからは開放される時間になるので、精神的に気が楽だと思います。出た者勝ちって感じもあるんじゃないかと思います。外に出ていることで気分転換することができますからね。

 

 

専業主婦でも家の広さだったり、家族構成だったりと置かれている環境で立場がまったく違ってくると思いますけど、私は一日中家に閉じこもっているのは無理ですね。家事も子育ても嫌いじゃないのですが、気持ち的にメリハリをつけるのは、自分が仕事をしていたほうがいいですね。

 

 

もちろん収入的にも大きいですしね。共働きをしていることで、夫も家事や育児を手伝ってくれるので、自然と分担をすることになって、効率的に過ごせています。専業主婦だったら、すべての家事が完了していて当たり前となりますから、いくら突発的な出来事があったと言っても、家事ができていないということで責められることにもつながりますからね。

 

 

性格的に専業主婦の方が気が楽という人もいるでしょうから、全ての人が働く方を望むってこともないとは思いますけどね。

 

 

専業主婦は消費者金融で借入をするときにはいろいろと苦労をしますけど、家事の重みを考えると銀行カードローンのように少額でも借入ができると助かりますね。

専業主婦が消費者金融で借入できない総量規制とは

総量規制とは、個人の借入総額が原則年収等の1/3までに制限される仕組みのことです。(一部除外、例外となる借入もあります。)

 

 

総量規制の対象となるのは、個人向けの貸付のみです、個人がお金を借り入れる行為のことです。ただし個人が事業用資金として借入をする場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

 

 

個人が借入の申込みをした場合は、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使って、他の貸金業者からの借入残高を調査します。貸金業者が50万円を超える貸し付けを行う場合、もしくは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸し付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要になるんです。これで年収等の1/3を超えないか確認をするのです。

 

 

総量規制ができたことで、年収が低かったり、収入のない専業主婦の人は今までのように借入をすることができなくなりました。

 

 

総量規制は貸金業法などで規定されている借り過ぎ貸し過ぎの防止策ですから、銀行借入は対象から外れることになります。だから銀行カードローンは総量規制の対象外ということになるんですね。

専業主婦でも借りれるレイクの特徴とは

レイクはもともと消費者金融業者でしたが、現在では新生銀行のカードローン商品になっていますので、銀行系のローンという扱いになっています。そのため、一般の消費者金融にあるような年収に応じた総量規制の制限もありませんし、資金力が豊富であり、銀行が母体なので信頼性もあるなどのメリットがあります。

 

こちらは総量規制の制限がありませんので、基本的に収入が全くない専業主婦でも借りれるようになっています。ただ、レイクの融資条件は安定した継続的な収入がある人となっていますので、確実に専業主婦で借り入れができるようにするためには、配偶者に同意を得て申し込みをするか、パートや内職などで収入を確保するという二つの方法があります。

 

配偶者に同意を得るというのは、配偶者と専業主婦の収入を合算して、その収入に応じて融資を行うというシステムがあるためです。どこの業者でも行っているわけではありませんが、レイクでは配偶者が同意すれば申し込みをすることができます。この場合、配偶者には同意書に記入してもらう必要がありますし、収入を証明する資料を提出したり、職場に在籍確認のための電話がかかってくるなどの迷惑をかけることになりますが、それらに同意をしてもらえば自分の名義で借り入れをすることができます。

 

また、家族に内緒で借り入れをしたいという場合には、正社員並みの収入を稼ぐ必要はありませんので継続的な給料を得られるパートなどを始めるとよいでしょう。借入先によって審査の基準は異なりますが、一般的には半年近く継続して仕事をしていれば融資が受けられる可能性があります。この場合には、在籍確認の電話がパート先にかかってくることになりますが、担当者の個人名で連絡があり、簡単な確認事項で電話は終わりますので、職場に借り入れをしていることが知られる心配はありません。

 

元々が大手の消費者金融であったということもあり、無人契約機も充実していますし、申し込みも簡単で、融資までもスピーディーです。銀行系の融資は時間がかかることが多いですが、レイクでは受付時間によっては当日振込も可能ですし、金利もかなり安く設定されていますので、安心して借り入れをすることができます。上記のように総量規制の制限もありませんので、信頼性を高めることができれば、ある程度まとまった金額を借りることも可能です。申し込みはインターネットや無人契約機、電話、店頭など多数あります。

専業主婦でも借りられるレイクのメリットとは

2010年に貸金業者への法改正が行われました。利用者はより安全に借入れを利用できるようになった反面で、低所得者は借りにくくなってしまったというネックがあります。
それが総量規制です。
総量規制は年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないとしています。つまり年収が低い人ほど借入れできる金額が制限されてしまい、特に専業主婦は個人的な収入がないので結果として借入れ自体できないことになります。
ただ、この総量規制は貸金業者に対する規制なので金融機関の融資には影響しません。そこで規制を逃れるため銀行カードローンを利用するケースが増えています。

 

レイクはかつて消費者金融でしたが、現在は新生銀行のカードローンになっています。よって、レイクなら専業主婦でも借りられる可能性はあるでしょう。

 

レイクは融資額が1万円〜500万円と幅広く、年利4.5%〜18.0%の低金利です。保証人や担保は不要、原則として身分証明書のみで契約が可能です。
利便性も高く、インターネット上で申込み、契約、借入れ、返済などの各種取引を行うことができます。そのため周囲に知られることなく利用することもできるでしょう。
今すぐにお金が必要なら即日融資も期待できますし、また、提携ATMを含めて利用手数料はゼロ円なので余計な費用が掛からないのも魅力です。

 

さらに無利息期間サービスも提供しており、30日間と180日間から選べます。他社にもこうしたサービスはありますが、30日間無利息が主流なので180日間というケースはあまりありません。
契約日の翌日から無利息期間が開始され、この期間内なら追加融資の返済も利息はつきません。どちらがいいかは借入額、毎月の返済額などによるのでよく考えてから決めるといいでしょう。

 

さて、総量規制の制限を受けないレイクですが、収入は返済能力を確認するために重要な項目なので専業主婦のように収入がないのは審査のデメリットになることは間違いないでしょう。となると借入れはできないのかと思われますが、実は対策があります。
専業主婦の方は配偶者貸付を利用しましょう。
配偶者貸付は、自分の収入と配偶者の収入を合算して申し込む方法です。夫の同意、婚姻証明書、夫の収入証明書などが必要になりますが、もちろん専業主婦でも利用可能です。
いずれにしても、まずは夫に相談しましょう。夫婦間できちんと話し合い、必要あらば配偶者貸付を利用してカードローンの利用を検討してみてください。